ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年09月07日 08時05分 公開

ライブカラオケサービス「Twitch Sings」、2021年1月1日終了へ

Amazon傘下の実況サービスTwitchが昨年4月にスタートしたライブカラオケサービス「Twitch Sings」が来年1月1日に終了する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Amazon.com傘下の実況サービスTwitchは9月4日(現地時間)、昨年4月に提供を開始したライブカラオケサービス「Twitch Sings」を2021年1月1日に終了すると発表した。

 sings 1 日本版トップページにも告知が表示されている

 Twitch Singsは、用意されているライブラリから曲を選んで歌い、Twitchでライブ配信できるサービス。フレンドやコミュニティを招待して一緒に歌うこともでき、ライブ配信は録画することも可能だ。

 sings 2 Singsでの実況例

 TwitchはTwitch Sings終了の理由を「Twitchの音楽コミュニティ全体を成長させるのに役立つ幅広いツールやサービスに投資するため」と説明している。

 終了までのステップは、まず12月1日に動画とクリップの削除が始まり、来年1月1日にはすべての過去の配信、アップロードされた動画、ダイジェスト、クリップのすべてが削除され、ゲームが完全に機能しなくなる。

 ユーザーは、12月1日以前であれば過去の配信をアーカイブできる。同社はサービス終了に関するFAQを用意している。

 米PC Gamerによると、Twitchの音楽カテゴリーは360万人のフォロワーを擁するが、Twitch Singsのフォロワー数はわずか16万1000人という。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.