ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2020年09月25日 12時35分 公開

買い切り版Office、2021年後半に発売 Microsoft 365と平行販売

米Microsoftが永続ライセンス版のOfficeを2021年後半に発売すると発表した。日本での発売は未定。

[谷井将人,ITmedia]

 米Microsoftはこのほど、永続ライセンス版のOfficeを2021年後半に発売すると発表した。WindowsとmacOSに対応する。日本での発売は未定。

photo

 同社は2011年に定額制クラウドサービス「Office 365」の提供を始めるまで、永続ライセンス版のOfficeアプリを約3年おきに発売していた。20年4月にはクラウドサービスの名称を「Microsoft 365」に変更。Web会議ツール「Microsoft Teams」やその他の機能の追加などサービスを継続的に強化している。

photo

 クラウドサービスが主流になるにつれ、永続ライセンス版の新規投入は無くなるとの見方もあったが、新しい永続ライセンス版も買い切りソフトとして登場する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.