ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2020年10月02日 16時15分 公開

渋谷のハロウィーン、今年のキーワードは「#StayVirtual」 区長は外出自粛呼び掛け

渋谷区とKDDIなどは今年のハロウィーンイベントをバーチャル空間で開催すると発表した。ユーザーは仮装したアバターでハロウィーンイベントに参加する。新型コロナウイルスの感染防止のため、区は期間中の外出自粛を呼び掛けている。

[ITmedia]

 渋谷区とKDDIなどは10月1日、今年のハロウィーンイベントをバーチャル空間「バーチャル渋谷」で開催すると発表した。

 バーチャルイベントプラットフォームを手掛けるクラスター(東京都品川区)が提供するバーチャル空間「cluster」で渋谷の街を再現。「バーチャル渋谷 ハロウィーンフェス」として、ユーザーは仮装したアバターで自由にバーチャル渋谷を散策でき、さまざまなコンテンツを楽しめる。イベント期間は10月26日から10月31日まで。

photo イメージ図

 きゃりーぱみゅぱみゅなどのアーティストによる音楽ライブや、お笑いコンビ「和牛」らのお笑いイベントも併せて開催する。

 参加にはスマートフォンやPCなどに専用アプリをインストールする必要がある。参加は無料で、詳細な参加方法は追って改めてアナウンスするという。

 渋谷区の長谷部健区長は、20年のハロウィーンのテーマとして「#StayVirtual」を掲げ、「区への訪問がゼロになるようにしてほしい」と期間中の外出自粛を呼び掛けた。区は今後、外出自粛を呼び掛ける旗を区内の道路に設置する方針。また、「ハロウィーンを否定しているわけではない」と前置きした上で、区内に来る場合は「ソーシャルディスタンスなどの基本的なルールを守り、通行人の妨げにならないよう行動してほしい」と述べた。

photo 「#StayVirtual」のプラカードを掲げる長谷部区長

 ハロウィーンイベントはこれまで各店舗などが自主的にイベントを開催していたが、今年はコロナ対策の一環として区がイベントを公認し、KDDIとともに主導する形となった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.