ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年10月09日 15時46分 公開

東本願寺、さい銭のクレジットカード払いに対応 新型コロナ対策で

東本願寺が、さい銭のクレジットカード払いに12日から対応。境内の各所に専用のPOSレジと職員を配置する。参拝者が現金に触れる機会を減らし、新型コロナウイルスの感染拡大を抑える。

[吉川大貴,ITmedia]

 東本願寺として知られる真宗本廟(京都市)が10月12日から、さい銭のクレジットカード払いに対応する。境内の各所に専用のPOSレジと職員を配置し、さい銭を受け付ける。参拝者が現金に触れる機会を減らし、新型コロナウイルスの感染拡大を抑える。

photo 東本願寺の御影堂

 POSレジは売店や参拝の窓口に加え、展示品のギャラリー、事務所などに設置。VISAかMastercardブランドのクレジットカードでの支払いに対応し、サインは備え付けのタブレットで行う。支払いシステムは、決済代行サービスなどを手掛けるビジネスラリアート(京都市)が開発した。

 10月下旬には、読経や納骨を行う際のお布施の支払いなどもクレジットカード払いに対応する。全国30カ所にある東本願寺の別院や教務所でも、2023年をめどに対応する計画だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.