ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2020年10月19日 12時00分 公開

東芝、“絶対に破られない”「量子暗号通信」を事業化 技術に自信、世界シェア25%目指す

東芝は、原理的に破られることがないとする暗号技術「量子暗号通信」を使った事業を始める。20年第3四半期に英国で先行サービスを始め、第4四半期に日本を含め世界で展開する。

[井上輝一,ITmedia]

 東芝は10月19日、原理的に破られることがないとする暗号技術「量子暗号通信」を使った事業を始めると発表した。20年第3四半期に英国で先行サービスを始め、第4四半期に日本を含め世界で展開する。25年度までに金融機関を中心としたサービスを本格的に始め、35年度までに量子暗号通信市場の世界シェアの25%を獲得したいとしている。

量子暗号通信の送受信機(イメージ画像:東芝提供)

 量子暗号通信は、光の最小単位である「光子」を使って通信する技術。東芝は2点間を専用の光ファイバーでつなぐ「量子暗号通信システム」と、既存の光ファイバー網の中で量子暗号通信を行う「量子鍵配送サービス」の2つを展開するとしている。

 量子暗号通信システムは伝送距離と速度を重視するシステムで、120kmを300kbpsで伝送できる。既存の光ファイバー網を使う量子鍵配送サービスは、専用の光ファイバーを必要としないため導入が容易であることがメリット。伝送距離は70kmで速度は40kbps。

既存の光ファイバー網上で利用できる量子鍵配送サービス

 日本ではすでに、東芝デジタルソリューションズが国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)から量子暗号通信の実証事業を受注済み。21年4月に実証事業を始めるとしている。海外でも米国や英国、韓国で現地のパートナー企業とともに量子暗号通信の実証実験などを進めている。

 量子暗号通信の事業化は中国が進んでおり、すでに専用の光ファイバーが北京と上海、武漢などを結んでいる。東芝は「社会実装は中国が進んでいるが、伝送距離や速度は東芝の技術が上」として、技術力で世界のシェアを取っていきたい考えを示した。

機器の市場投入は中国と韓国が先行 しかし技術では東芝が勝るという

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.