ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2020年10月20日 19時37分 公開

レノボのWeb会議用マシンに新モデル 「Zoom」「Teams」向けに2種類 20万8000円

レノボ・ジャパンが、Web会議用マシン「ThinkSmart Hub」の新モデルを発表。前モデルから20%小型化し、小さな会議室でも設置可能にしたという。価格は20万8000円(税別)

[ITmedia]

 レノボ・ジャパンは10月20日、法人向けWeb会議用マシン「ThinkSmart Hub」の新モデルを発表した。テレワークが広がりを見せているとして、前モデル「ThinkSmart Hub 500」から20%小型化し、小さな会議室にも設置しやすくしたという。価格は20万8000円(税別)。

photo ThinkSmart Hub for Microsoft Teams Rooms=左 ThinkSmart Hub for Zoom Rooms=右

 ラインアップは「ThinkSmart Hub for Microsoft Teams Rooms」「ThinkSmart Hub for Zoom Rooms」の2モデル。それぞれ、米Microsoftの据え置き型端末用のWeb会議ツール「Teams Rooms」、米Zoom Video Communicationsの「Zoom Rooms」をプリインストールしている。中国Lenovoのデバイス管理ツール「ThinkSmart Manager」に対応し、会議の設定などをリモートで変更できる。

 どちらもディスプレイには10.1インチの液晶タッチパネル(1920×1200ドット)を採用。前モデルではプロセッサにIntel Core i5-7500Tを搭載していたが、Intel Core i5-8365Uに変更した。従来機では2つだった全方位マイクを4つ搭載し、半径4.5mまで集音できるという。ディスプレイ部分は従来機と同じく横に360度回転する。

 OSはWindows 10 IoT Enterprise 64bitで、メインメモリは8GB。ストレージは128GB(SSD)で、サイズは約200(幅)×240(奥行き)×185.3(高さ)mm、重さは約2.47kg。接続端子は、USB Type-A×2、USB Type-C×1、HDMI×1を搭載する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.