ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年11月05日 13時46分 公開

NTTドコモ、カメラやVR機器のレンタルサービスを提供へ 21年3月から

NTTドコモが、カメラやVR機器、プロジェクターといったデバイスのレンタルサービスを2021年3月に始めると発表。高精細映像の伝送に対応する5G通信の広がりに合わせ、映像デバイスの利用促進や普及につなげるという。

[吉川大貴,ITmedia]

 NTTドコモは11月5日、カメラやVR機器、プロジェクターといったデバイスのレンタルサービス「kikito」を2021年3月に始めると発表した。5Gの大容量通信で高精細映像のニーズが高まると見込み、映像デバイスの利用促進や普及につなげるという。

 ユーザーが専用のWebサイトでレンタルを申し込むと、指定した住所に機器が郵送される仕組み。返却には、NTTドコモが指定する集荷サービスか、コンビニの持込発送サービスを使う。利用にはドコモ回線の契約か「dアカウント」の登録が必要。

photo サービスロゴ

 貸し出すのはキヤノンの一眼レフカメラ「EOS Kiss M2」、米GoProのアクションカメラ「HERO9 Black」、エプソンのプロジェクター「EF-100BATV」、米Magic LeapのVR機器「Magic Leap」など。この他、米Garminのスマートウォッチ「ForeAthlete 245」や米iRobotのロボット掃除機「Roomba i7」などもレンタルする。ラインアップは順次拡大する予定。

photo 利用の流れ

 プランは1日単位で貸し出す「短期レンタル」と、30日単位で貸し出す「長期レンタル」の2種類。レンタル品の買い取りサービスも提供する予定で、支払いはクレジットカードかドコモ払い、dポイントで受け付ける。料金設定は未発表。

 NTTドコモの吉澤和弘社長は「ドコモは5G時代にさまざまなデバイスと新しいサービスをつなげることで、スマートフォンを超える価値を提供していきたい。このサービスはその第一歩」としている。

photo 取り扱う機器の一例

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.