ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2020年10月23日 17時15分 公開

ドコモ口座、利用者に本人確認を実施 回線未契約者が対象

NTTドコモが、ドコモ口座の利用者を対象に本人確認を行うと発表した。利用者のうち、ドコモ回線を利用しておらず、現在も残高チャージが可能な銀行の口座をアカウントにひも付けている人が対象。

[谷井将人,ITmedia]

 NTTドコモは10月23日、不正利用が相次いだ決済サービス「ドコモ口座」の利用者に向け、27日から本人確認を行うと発表した。ドコモ回線を契約しておらず、現在も残高チャージが可能な銀行口座をドコモ口座のアカウントにひも付けている人が対象。

photo

 本人確認はオンラインかドコモショップで受け付ける。必要書類は運転免許証やマイナンバーカードなど。オンライン本人確認の利用には27日午前10時以降にリリースするd払いアプリの最新版が必要。ドコモ回線の利用者は契約時に本人確認を行っているため対象外という。

photo

 対象の銀行はソニー銀行、西日本シティ銀行、肥後銀行、福岡銀行、みずほ銀行、三井住友銀行。ドコモ口座のアカウントとこれらの銀行の口座をひも付けている人には、手続きに必要な情報をメールやWebサイトで案内する。

 NTTドコモによると、アカウントへの銀行口座登録やチャージ機能は全面再開のめどが立っておらず、準備が整い次第案内するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.