ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2020年11月19日 16時19分 公開

NEC、PCIeカードサイズのスパコン向けプロセッサを単体販売 114万4000円から

NECがPCIeカードサイズのスーパーコンピュータ向けプロセッサを販売すると発表した。価格は114万4000円(税別)からで、2021年1月から出荷を始める。

[ITmedia]

 NECは11月19日、PCIeカードサイズのスーパーコンピュータ向けプロセッサ「ベクトルエンジン」(VE)を販売すると発表した。価格は114万4000円(税別)からで、2021年1月から出荷を始める。中堅・中小の製造業での研究開発などへの用途を見込む。

photo PCI Expressカード型ベクトルエンジン

 VEは並列処理を得意とするプロセッサで、PCI Express規格のカードに2.45TFLOPS(テラフロップス)の演算性能と1.53TB/秒のメモリ帯域を実現している。コア数は8個で、単一コア当たりの処理性能とメモリ帯域は「世界トップクラス」(NEC)という。

 プロセッサの演算方法には主に「スカラ型」と「ベクトル型」があり、一般的なCPUやGPUはスカラ型を採用している。ベクトル型は大量のデータをまとめ、大規模なデータの並列処理に向くとされている。

photo 「スカラ型」と「ベクトル型」の違い

 これまでNECは、VEを自社製専用サーバに搭載し、「SX-Aurora TSUBASA」として大学や研究機関、自動車メーカーなどの大手製造業を中心に納入。100以上の団体や企業が採用している。

 今回、製造業などの研究開発分野で大規模データを高速処理するニーズが拡大すると見込み、VE単体での販売を決めた。

 またNECは、サーバベンダーが自社製サーバにVEを組み込み、独自ブランドのベクトル型スーパーコンピュータとして販売することも解禁。これまではベンダーが限られており、購入先やハードウェア構成の自由度が制限されていたという。NECは「中堅・中小の製造業などの新市場を開拓する」としている。

 NECはその他、他社製ハードウェアでVEが正常に動作するかどうか確認できる「Vector Engineパートナー検証プログラム」の提供を始めると発表。手順に沿って検証を進めることで、VEの搭載や動作検証を行うことが可能だという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.