ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年11月25日 13時54分 公開

京都丹後鉄道、Visaタッチ決済に対応 クレカのタッチで乗り降り可能に

京都丹後鉄道でNFCを使った非接触決済「Visaのタッチ決済」の対応が開始。駅や列車内に設置された読み取り端末にカードをかざすと、サインや暗証番号を入力せずに運賃を支払える。

[ITmedia]

 京都丹後鉄道を運行するWILLER TRAINS(京都府宮津市)は11月25日、NFCを使った非接触決済「Visaのタッチ決済」の対応を始めた。利用客が駅や列車内に設置された読み取り端末にカードをかざすと、サインや暗証番号を入力せずに運賃を支払える。券売機での切符購入が不要となり、利用客の利便性が向上するとしている。

photo クレジットカードのタッチで列車の乗り降りが可能に

 Visaのタッチ決済対応カード(クレジット・デビット・プリペイド)が利用可能。三井住友カードが提供する決済サービス「stera」と、交通機関向けに決済や認証技術を開発するベンチャーQUADRACのシステムを連携することで、運賃計算や企画乗車券の利用にも対応した。鉄道の乗り降りへのVisaタッチ導入は日本初。

photo 列車の乗降時にカードを読み取り端末にタッチ

 京都丹後鉄道は2月、QRコードをタッチすると列車やバスに乗車できるスマートフォンアプリ「WILLER」(iOS/Android)を提供。Visaのタッチ決済にも対応することで、海外の利用客もよりスムーズに列車や駅を利用できるようになるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.