ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2020年12月10日 10時37分 公開

YouTube、米大統領選結果に関する誤情報を削除すると発表

各州が大統領選の結果を認定する期限である12月8日を過ぎたことを受け、YouTubeが9日以降にアップロードされる「選挙結果は間違い」とするコンテンツを削除すると発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Google傘下のYouTubeは12月9日(現地時間)、各州が大統領選の結果を認定する期限である8日を過ぎ、ジョー・バイデン氏の当選が確認できたとし、選挙結果について人々の誤解を招くようなコンテンツの削除を開始したと発表した。

 大統領選の投票終了後、(ドナルド・トランプ氏敗北という)選挙結果が詐欺やソフトウェアの不具合のせいだと主張する動画が多数公開されていることでYouTubeへの批判が高まっていた。

 米Twitter米Facebookもそれぞれ、投票後に選挙関連の誤情報対策を発表済みだ。

 「2020年の米大統領選挙の結果が、広範囲にわたる詐欺やエラーによって変わってしまったと主張する、本日以降にアップロードされるコンテンツを削除する」という。

 本稿執筆現在、11月4日に投稿されたトランプ支持メディアOne America News Networkのトランプ氏が当選したとする動画は削除されていない。

 trump

 YouTubeは、9月以降だけでもポリシーに違反した8000以上のチャンネルと数千件の動画を削除したとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.