ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2020年12月10日 11時28分 公開

ソフトバンク、犬型ロボットなどのBoston DynamicsをHyundaiに売却──韓国メディア報道

ソフトバンクが、2017年にAlphabetから買収したロボット企業Boston Dynamicsを韓国の現代自動車に売却すると韓国KED Global Newsが報じた。取引総額は約960億円で12月中に完了する見込みという。

[ITmedia]

 韓国現代自動車がソフトバンクからロボットメーカーの米Boston Dynamicsを買収すると、韓国メディアのKED Global Newsが情報筋の話として12月9日に報じた。

 spot Boston Dynamicsは犬型ロボット「Spot」などで知られるソフトバンク傘下のロボットメーカー

 KEDによると、買収総額は1兆ウォン弱(約960億円)で、取引は12月中に完了の見込みという。

 現代自動車は過去1年間で自動車量技術とロボット工学分野を強化しており、2025年までにロボット工学に最大1.5兆ウォン投資すると発表している。

 Boston Dynamicsは1992年創業のマサチューセッツ州ウォルサムに拠点を置く非公開企業。MIT(マサチューセッツ工科大学)のマーク・レイバート教授(当時)によるロボティクスと人工知能(AI)の研究がスピンアウトしたもの。2013年に米Googleに買収され、2017年にソフトバンクに買収された。犬型ロボット「Spot」と「Spotmini」は既に販売されている。

 spot 2 Spotと、2足歩行ロボット「ATLAS」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.