ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2020年12月10日 18時22分 公開

NTTドコモ、AIで電話応対を自動化する新サービス AWSのサービス活用

NTTドコモはAIを活用して電話応対業務を自動化する法人向けサービス「AI電話サービス」の提供を開始した。

[ITmedia]

 NTTドコモは12月10日、AIを活用して電話応対業務を自動化する法人向けサービス「AI電話サービス」の提供を始めた。コロナ禍の出社制限下でもスタッフの代わりに電話対応ができ、電話業務を効率化できるという。

photo サービスのイメージ図

 NTTドコモのAI対話技術と、米Amazon Web Services(AWS)が提供するクラウド型のコンタクトセンターサービス「Amazon Connect」を組み合わせて開発。RPAツールと連携することで、電話応対業務だけでなく、顧客情報の入力などのPC操作もAIが代行できるという。

 各種サービスの申し込みやレストラン、タクシーの予約などの利用を想定。コールセンターを持たない自治体や小売店、飲食店も利用できる。

 高齢者に電話を自動でかけ、安否や体調の確認にも対応。会話の内容に応じて、家族や地域の病院やケアセンターなどの支援機関に自動で情報提供できる。

 初期費用は100万円(税別、以下同)で月額料金は10万円から。月額料金は利用者数に応じて変動する。

photo 高齢者の安否確認にも対応

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.