ITmedia NEWS > 製品動向 >
速報
» 2020年12月11日 10時33分 公開

Microsoft、Arm版Windows 10でx64アプリのエミュレーションプレビュー開始

MicrosoftがARM64環境でのx64アプリのエミュレーションを開発者チャンネルでプレビュー公開した。「Sketchbook」や「ロケットリーグ」などの64bitアプリをArmベースのWindows 10端末で実行可能になる。

[ITmedia]

 米Microsoftは12月10日(現地時間)、ARM64環境でのx64アプリのエミュレーションを、Windows Insiderの開発者チャンネルでプレビューとして公開したと発表した。これにより「Surface Pro X」などのArm搭載Windows端末で、AutoDeskの「Sketchbook」やPsyonixの「ロケットリーグ」などの64bitアプリを実行できるようになる。

 arm 64 「Surface Pro X」

 2017年にWindow 10 on Armがリリースした当時は、32bitのみのx86アプリがほとんどだったため、Microsoftは32bitx86アプリのエミュレーター開発に取り組んできた。近年エコシステムが64bitに移行し、64bitアプリのサポートへの強い要望があったという。

 このプレビューではMicrosoft Storeなどからx64アプリをインストールできる。現在ARM64で32bitアプリとして実行しているChromeなどのアプリは、新エミュレーション機能で64bitとして実行できる。

 このエミュレーション機能がWindows 10のメインビルドに導入される時期はまだ不明。Microsoftは「Windows Insiderコミュニティからのフィードバックを楽しみにしている」としている。

 推奨環境などについては公式ブログを参照されたい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.