ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2020年12月14日 13時48分 公開

ソニー、天井から見守るスマートホームサービス センサー付きシーリングライト活用 月額3938円から

ソニーネットワークコミュニケーションズが部屋の天井に設置したシーリングライトを使う見守りサービス「MANOMAライトプラン」の提供を始めた。

[ITmedia]

 ソニーネットワークコミュニケーションズは12月14日、部屋の天井に設置したシーリングライトを使う見守りサービス「MANOMAライトプラン」の提供を始めた。スマートフォンアプリと連携したコミュニケーション機能や、人感センサーによる防犯機能などが使える。基本料金は月3938円(税込、以下同)から。

photo 使用のイメージ

 スマートホーム向け機器を提供するサービス「MANOMA」の新プラン。Bluetoothスピーカーやマイク、人感や温度・湿度センサーなどを内蔵したソニーのシーリングライト「マルチファンクションライト」と専用スマホアプリと連動させることで、シーリングライトとアプリ間でボイスメッセージをやりとりできる。

 離れて暮らす家族が使うことを想定。通話機能も近日中に搭載する。

 24時間にわたって照明の操作がないとアプリにアラートを通知する見守り機能も備える。さらに部屋の不在時、「警戒モード」に設定しておくと、内蔵の人感センサーが室内で人の動きを感知する防犯機能もある。人を感知した場合、室内の音声を30秒間録音する他、警告音を発してアプリにアラートを通知。セコムと別途契約していれば、アプリ上から「セコム駆けつけサービス」も呼び出せる。

photo 提供機器

 サービスの利用には月額基本料金の他に初期事務手数料の3850円と機器の分割代金1472円が必要になる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.