ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2020年12月14日 18時40分 公開

ドコモ、最高時速290kmのフォーミュラカーの位置を誤差約10cmで測定

NTTドコモが、独自の測位衛星システムを使い、最高時速290kmで走行するフォーミュラカーの位置を誤差約10cmで測定する実験に成功した。

[今藤祐馬,ITmedia]

 NTTドコモは12月14日、独自の測位衛星システム(GNSS)を使い、最高時速290kmで走行するフォーミュラカーの位置を誤差約10cmで測定する実験に成功したと発表した。同技術を活用し、自動車・鉄道業界を含むさまざまな環境で、高精度な位置測定技術の実現を目指すという。

photo

 実験は12月4日から6日にかけて鈴鹿サーキットで開催された「全日本スーパーフォーミュラ選手権」にてNTTと共同で行った。フォーミュラカーに設置したアンテナとLTE内蔵型の受信機が、測位衛星や位置の補正情報を送信するシステムと通信し、走行中の車体の位置をリアルタイムに測定した。

 サーキット内に設置したラップタイム計測用ビーコンの通過位置と測位衛星の測定結果を比較したところ、誤差約10cmの位置測定ができていることを確認した。

photo

 ドコモは高速で動く物体に対して高精度な位置測定ができれば、自動車や鉄道の自動運転で正確な制御ができる他、線路や道路などの交通インフラを、走行中に精密点検できると予測している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.