ITmedia NEWS > 製品動向 >
速報
» 2020年12月17日 09時30分 公開

「Chromecast with Google TV」に「Apple TV」アプリ追加 「TV+」コンテンツを視聴可能に

Googleが、10月に発表した映像ストリーミング端末「Chromecast with Google TV」で、来年初頭にAppleの「Apple TV」アプリおよび「Apple TV+」をサポートすると発表した。他の「Android TV OS」スマートテレビにもロールアウトしていく計画。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは12月16日(現地時間)、10月に発表した新しい映像ストリーミング端末「Chromecast with Google TV」で、来年初頭に米Appleの「Apple TV」アプリおよびコンテンツサービス「Apple TV+」をサポートすると発表した。将来的には他の「Android TV OS」搭載スマートテレビにもロールアウトしていく計画だ。

 chromecast Chromecast with Google TV

 日本では税込み7600円で販売されているChromecast with Google TVは、発売段階ではYouTube、YouTube TV、Netflix、Amazon Prime Video、Disney+、Hulu、ABEMA、TVer、dTV、U-NEXTなどに対応していた。これにApple TVが加わることで「すべての主要な動画サブスクリプションを備える数少ないストリーミングデバイスの1つになる」とGoogle。

 chromecast 2 Chromecast with Google TVのGoogle TV画面

 Googleは今月7日、「Nest」シリーズをはじめとする「Googleアシスタント」搭載のスマートスピーカーおよびスマートディスプレイで、米Appleの音楽サービス「Apple Music」をサポートした

 Apple TV+のサポートでは、米Amazon.comの「Fire TV」とソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)のPlayStation 5(PS5)が先行している。PS5はApple TV、Disney+、Netflix、Spotify、Twitch、YouTube。Amazon Prime Video、Hulu、MyCanal、Peacockなどをサポートする。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.