ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年12月23日 17時22分 公開

TV番組をリモートで制作 映像をクラウドで共有・編集 ソフトバンクとパナが開発

ソフトバンクとパナソニックが、テレビ番組をリモートで制作できるシステムを共同開発した。映像をクラウド上で共有・編集できるのが特徴。すでに番組の制作会社に提供し、このシステムを使って制作した番組が放映されている。

[今藤祐馬,ITmedia]

 ソフトバンクと、パナソニックの社内カンパニーであるコネクティッドソリューションズ(東京都中央区)は12月23日、テレビ番組をリモートで制作できるシステムを共同開発したと発表した。映像の共有や編集をクラウド上で行えるのが特徴。番組の制作会社が導入し、遠隔作業で作った番組を12月18日から地上デジタル放送で放映しているという。

 このシステムでは、パナソニックが開発した映像制作システム「Kairos」(ケイロス)をソフトバンクのデータセンターに導入し、クラウド経由で機能を提供する。データセンターは、ロケ地やスタジオとIPネットワーク(VPN)で接続。スタッフは撮影した映像素材をクラウド上に集め、リモートで編集できる。

photo テレビ番組をリモートで制作するシステムの仕組み

 ケイロスは本来、ライブ配信の映像処理のために作られたシステム。複数のカメラを切り替えられるスイッチャー、映像を編集できるエディター、低遅延のビデオサーバといった機能を持つ。今回のシステムでは、ライブ中継と事前収録の両方に対応する。

 いずれの場合も、撮影ではパナソニックのネットワークカメラを使用する。ライブ中継の場合は、撮影した映像をストリーミングでケイロスに送信。スタッフは遠隔地にあるサブスタジオからカメラの切り替えを行える。事前収録の場合は、撮影担当者がアップロードした映像を、編集担当者が遠隔地からダウンロードして編集できる。

photo 番組の撮影・制作現場の模様

 両社によると、従来のテレビ業界では現場集中型で番組制作を行っていたため、新型コロナウイルス対策に配慮した業務フローの立案が課題になっていたという。今回のシステムによってリモート中心の業務フローへの転換を支援し、業務の効率化、移動時間や待ち時間の抑制、コスト削減などを実現するとしている。

 ソフトバンクは今後、5G通信なども提供し、番組制作の効率化に協力していくという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.