ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年01月19日 16時51分 公開

Uber Eats、卸の“プロ向け食材”を都内へ配達 缶詰や調味料など100種類

Uber Japanが、フードデリバリー「Uber Eats」で、卸売店の食材を届けるサービスを始めた。都内のユーザーを対象に、卸売店「プロの食材エブコ」の商品を注文できるようにした。

[今藤祐馬,ITmedia]

 Uber Japanは1月19日、フードデリバリー「Uber Eats」で、卸売店の食材を届けるサービスを始めた。都内のユーザーを対象に、食品卸の永和物産(東京都墨田区)が運営する卸売店「プロの食材エブコ」の商品を注文できるようにした。

photo ラインアップの一例

 ラインアップは海外産の果物、缶詰、調味料、キッチン用品など約100種類。ユーザーは料理を注文するときと同様、Uber Eatsのスマートフォンアプリから商品を購入し、指定した場所に配送を依頼できる。

 プロの食材エブコではホテルやレストラン向けに、プロ向けの食品を卸している。Uber Eatsは「多様化し続けるニーズに応え、一般のスーパーでは出会えない商品を提供する」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.