ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2021年02月09日 20時34分 公開

電話やメールでの“コロナワクチン詐欺”に消費者庁が注意喚起 そもそも「接種は無料」

消費者庁が新型コロナウイルスのワクチン接種を巡り、電話で金銭や個人情報を求められたとする相談が相次いでいるとして、専用の相談窓口を15日に開設すると発表。受付時間は午前10時から午後4時、土日祝も相談を受け付ける。

[ITmedia]

 消費者庁は2月9日、新型コロナウイルスのワクチン接種を巡り、電話で金銭や個人情報を求められたとする相談が相次いでいるとして、専用の電話相談窓口を15日に開設すると発表した。受付時間は午前10時から午後4時で、土日祝も相談を受け付ける。電話番号は(0120)797-188。

photo 消費者庁が入る霞が関の中央合同庁舎4号館(出典:国土交通省公式ページ)

 消費者庁によると「金銭を振り込めばコロナワクチンを接種できる」「個人情報を話せばワクチン接種が無料で受けられる」といった不審な電話が高齢者などにかかってきているという。

 消費者庁は「(そもそも)ワクチン接種は無料」とした上で、「(ワクチン接種に)電話・メールで個人情報を求めることはない」としている。

photo 消費者庁のポスター

 また、井上信治消費者行政担当相も9日の記者会見で「ワクチン接種に際し、行政機関などが金銭や個人情報を求めることはない。不審な点があれば一人で悩まず相談してほしい」と窓口への相談を呼び掛けた。

photo 記者会見する井上大臣(出典:政府インターネットテレビ)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.