ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2021年03月09日 10時55分 公開

スパコン「富岳」完成 共用開始 研究課題も募集中

スパコン「富岳」が3月9日に完成し、産業界や学術界など向けに共用を始めた。富岳を使った研究課題の公募も行っている。

[岡田有花,ITmedia]

 理化学研究所(理研)と富士通が2014年から開発・整備を進めてきたスーパーコンピュータ「富岳」が3月9日に完成し、同日から産業界や学術界など向けに共用が始まった。富岳を使った研究課題の公募も行っている。

画像 富岳

 富岳は、スパコン「京」の後継機として開発。スパコン性能ランキング「TOP500」「HPCG」「HPLAI」「Graph500」で、20年6月と11月の2期連続で世界1位を獲得している。

 当初は2021年度中に本格運用を開始する予定だったが、新型コロナウイルス感染症に関する研究に貢献するため20年4月から試験運用を始め、飛沫の広がり方のシミュレーションなどを行ってきた。

 高度情報科学技術研究機構(RiST)は、研究者などによる富岳の利用を募っており、2021年度は74件の課題を採択した。3月9日からは、小規模な課題やアプリケーションの動作検証課題などの公募受付を始めており、HPCIのWebサイトから申し込める。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.