ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2021年03月16日 07時26分 公開

表と裏を独立検知できる布地タッチセンサー Google、「ZebraSense」開発Innovative Tech

表裏のセンサーを交互に組み込むことで、表からも裏からも操作可能。

[山下裕毅,ITmedia]

Innovative Tech:

このコーナーでは、テクノロジーの最新研究を紹介するWebメディア「Seamless」を主宰する山下裕毅氏が執筆。新規性の高い科学論文を山下氏がピックアップし、解説する。

 米GoogleのATAP(Advanced Technology & Projects)研究チームが開発した「ZebraSense」は、センサーを組み込んだ織物の表面と裏面の両方でタッチを認識できる。

photo 表のオレンジ生地をタッチした時(上)裏の青生地をタッチした時(下)

 近年、電子機能を繊維材料に直接統合する「スマートテキスタイル」への関心が高まっている。衣服を手で擦ることによるスマートフォン制御できるなどが一例に挙げられる。

 これまでも片面だけをセンサーとして機能させるスマートテキスタイルは多数発表されてきたが、この織物センサーは表面と裏面を区別して検出する。

 センサーには表側と裏側に織られた平行な導電性糸を組み込む。表面の導電性線は偶数の、裏面の線は奇数の場所に配置。タッチした際の静電容量信号差を利用し、どちら側をタッチしたか、さらにどの場所をタッチしたかを同時に検出する。

photo 表面と裏面で交互に導電性糸が組み込まれている

 

photo センサーの表面(a)と裏面(b)の静電容量信号。オレンジ色のバーがセンサーの表面に織り込まれた偶数の線を表し、青色のバーが裏面に織り込まれた奇数の線を表す

 このセンシング原理は多様な形状や大きさで利用できる汎用的なもの。応用例として、リバーシブルのテーブルマットゲームのコントローラー、内側と外側でジェスチャーを検出できるズボンのポケット、体の内側の動きと外側を手で触れた時を検出できるヨガパンツ、着脱と外側を手で触った際の検出を行うマスクなどが挙げられている。

photo ZebraSenseを活用したさまざまな応用例

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.