ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年04月06日 14時49分 公開

地銀のスマホアプリ一斉ダウンで提供元のNTTデータが謝罪 「原因は調査中」

地方銀行が提供しているスマートフォンアプリが一時正常に動作しない不具合が発生したことに関し、アプリ提供元のNTTデータが4月5日、謝罪した。同社は「原因は調査中」としている。

[ITmedia]

 地方銀行が提供しているスマートフォンアプリが一時正常に動作しない不具合が発生したことに関し、アプリ提供元のNTTデータが4月5日、謝罪した。同社は「原因は調査中」としている。

photo 不具合について謝罪したNTTデータ

 不具合は4月5日午前6時ごろから午後1時ごろにかけて発生。障害が発生したのは北海道銀行、青森銀行、仙台銀行、岩手銀行、東北銀行、福井銀行、七十七銀行、横浜銀行、京都銀行、鳥取銀行、長野銀行、大分銀行などで、これらの銀行のスマホアプリが一時正常に起動できない状態になった。

 このうち、仙台銀行は「アプリバンキングのデータベースサーバが故障したのが原因」と公表していた。

 NTTデータは5日、声明を発表。不具合の原因が、同社が地銀を中心に提供するスマホバンキングアプリ「My Pallete」の故障と明らかにした上で「金融機関様、ならびにご利用いただけなかった金融機関のお客さまに、多大なるご迷惑をおかけしましたことを深くおわび申し上げます」と謝罪した。同アプリは2021年1月時点で、27の金融機関が利用しているという。

photo プレスリリース

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.