ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年04月27日 14時02分 公開

Peachの予約システムが6日ぶりに復旧、ZIPAIRは不具合続く 原因はマルウェア感染か

ANA傘下で格安航空会社(LCC)のPeach Aviation(大阪府泉南郡田尻町、以下Peach)は同社の航空券予約システムの不具合が復旧したと発表。不具合は21日に発生したもので、航空券の購入などができない状態が6日間続いていた。

[樋口隆充,ITmedia]

 ANA傘下で格安航空会社(LCC)のPeach Aviation(大阪府泉南郡田尻町、以下Peach)は4月27日、同社の航空券予約システムの不具合が復旧したと発表した。不具合は21日に発生したもので、航空券の購入などができない状態が6日間続いていた。原因について「詳細は不明で調査を継続中」としているが、システムを開発した米Radixxは、システムがマルウェアに感染したと発表している。

photo LCCのPeach Aviation(同社公式Facebookページ)

 Peachでは21日午前から、航空券の購入や予約変更、キャンセルができない不具合が発生。新規の予約や予約変更を問い合わせフォームや電話で受け付けていた。キャンセルできなかった利用者には料金を払い戻す。同社は「ご利用の皆さまには、大変ご迷惑をおかけしましたことを深くおわびいたします」と謝罪した。

photo プレスリリース
photo Peachの公式ページ

 Peachとほぼ同時期に航空券予約システムの不具合を起こしていた、JAL傘下のLCC、ZIPAIR Tokyo(千葉県成田市)では現在も不具合が継続している。同社もPeachと同様にRadixxの予約システムを利用しているという。

photo ZIPAIRの公式ページ

 Radixxは4月20日に、自社が提供するクラウドベースのLCC向け予約システムが「マルウェアに感染した」と発表していた。2社を含め計20の航空会社に影響が出ているとしている。

photo Radixxのプレスリリース

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.