ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2021年05月14日 08時42分 公開

GoogleとSpaceX、衛星ネット接続「Starlink」で契約 年内にサービス提供開始へ

Googleと宇宙企業SpaceXが衛星ネット接続サービスで契約した。世界中のGoogleのデータセンターにStarlinkの端末を設置し、高速インターネットを提供していく。年内に利用可能にする計画だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは5月13日(現地時間)、イーロン・マスク氏率いる宇宙企業SpaceXと、衛星インターネット接続サービス「Starlink」を採用する契約を結んだと発表した。これにより、SpaceXは世界中のGoogleのデータセンターにStarlinkの端末を設置してStarlinkの顧客にクラウドを提供し、Googleはエンタープライズクラウドの顧客に衛星ネットワークの高速インターネットを提供することを目指す。

 Googleは、このサービスは2021年末までに利用可能になると語った。最初の端末は米オハイオ州ニューアルバニーのデータセンターに設置する計画。

 Googleは2015年に米金融企業と共にSpaceXに総額10億ドル出資し、同社株式の数%を保有している。

 SpaceXはこれまでに1625基の小型衛星を打ち上げ、現在約1500基が軌道上にある。昨年始まったベータプログラムは少なくとも1万人のユーザーが利用している。

 starlink

 衛星ネット接続については、米Amazonソフトバンクも構想している。米Microsoftは昨年SpaceXとの提携を発表し、Starlinkのモジュール式データセンター「Azure Modular Datacenter(MDC)」での採用を開始した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.