ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2021年05月19日 06時52分 公開

「Android 12」は「Material You」で大幅なデザイン変更Google I/O 2021

Googleの次期モバイルOS「Android 12」は新デザイン言語「Material You」により、デザインが大きく変わる。壁紙の色調を抽出してサービス横断でその色調を反映できる他、クイック設定やウィジェットのデザインも変わる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは5月18日(現地時間)、オンラインで開催の「Google I/O 2021」で、次期モバイルOS「Android 12」などで採用する新たなデザイン思想の設計言語「Material You」を発表した。Androidだけでなく、スマートデバイスやAndroid Autoなど、デバイス横断でユーザーの好みに合わせたデザイン統一が可能になる。まずはAndroid 12搭載のPixelシリーズで採用される。

 you 1 Material You採用のAndroid 12画面例

 Material Youという名称は、2014年発表の「Material Design」の流れを汲むことを示す。Material Designのビジョンは、「テクノロジーを人々にとってシンプルで美しく、かつ合理的なものにする」というものだった。生活のより多くの領域にGoogleのサービスが表示されるようになり、また、ユーザーは自分の個人用端末にもっと感情を呼び起こす体験を求めるようになったため、「あらゆるスタイルに合わせ、あらゆるケースでアクティブに対応できるデザインを目指した」としている。

 Material Youの大きな特徴は、サービス横断で色調を統一するパーソナライズ機能だ。ユーザーが使っている壁紙から「色抽出」し、壁紙で優勢な色を中心にした色調を、通知シェード、ロック画面、ウィジェットなどに反映させる。

 you 2 壁紙の色に合わせて色調が変わり、その色調がアプリやクイック設定に反映される

 ウィジェットのデザインも改善される。現在のウィジェットはかなり統一感のないものだが、再設計した。また、画面の統一感を壊さないよう、ウィジェットを配置すると壁紙の色に反応して背景色が変化する。


 クイック設定画面(画面を上から下に2回スワイプすると表示される各種設定をタップで変更できる画面)もだいぶ変わり、「Google Pay」と「ホーム」管理が追加される。


 プライバシーとセキュリティに関する表示もより透明性が高まる。新しいプライバシーダッシュボードでは、アプリがアクセスするデータとアクセスの頻度などの権限設定を1カ所で管理でき、権限を簡単に削除できる。


 また、ステータスバーの右上に、アプリがマイクやカメラにアクセスしていることを示すインジケーターが追加される。アクセスされたくない場合は、クイック設定を開いてそこでオフにできる。

 you 3 アプリがカメラとマイクにアクセスしていることを示すインジケーター

 Android 12の一般向けBeta版は同日公開された。対応する端末などの詳細は、GoogleのWebサイトを参照されたい。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.