ITmedia NEWS >
ニュース
» 2021年05月22日 11時06分 公開

実はApple Watchより歴史のあるGoogle版ウェアラブル その長く曲がりくねった道Googleさん(1/3 ページ)

Google I/O 2021で発表された「Wear OS by Google」とSamsungの「Tizen」の統合。まだ正式名称も定かではないウェアラブルOSのこれまでを振り返り、これからを予想します。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 Google I/O 2021の基調講演、2年ぶりということもあり盛りだくさんでした。AI関連でいろいろすごいなぁという発表がありましたが、個人的にはウェアラブルOSの「Wear OS by Google」とSamsungの「Tizen」がマージされ、新OSになるという発表が一番びっくりでした。

 new os

 記事を書く身として困ったことに、この新しいOSの正式名称はまだ発表されていません。Googleさんは「Wear」と言ったり「Wear OS」と言ったり。なのでここでは「Wear OS(仮)」と呼ぶことにします。GoogleのウェアラブルOSは1度改名しているので、これが3度目の改名になります。

 今回の「Googleさん」は、Wear OS(仮)のこれまでとこれからについてです。

Wear OSのこれまで

 というわけで、過去を振り返ります。

「Android Wear」誕生

 誕生したのは2014年3月。その時の名前は「Android Wear」でした。

 SamsungやLG Electronics、そして(Lenovoへの売却は発表されていましたが)当時まだGoogle傘下だったMotorolaがこのOS採用のスマートウォッチを発売しました。

 moto 「moto 360」の発売は2014年9月5日

初代「Apple Watch」発表

 Wear OSのこれまでと直接は関係ないですが、初代「Apple Watch」が発表されたのは2014年9月、「iPhone 6」と一緒でした。発売は2015年。世に出たのはAndroid Wear端末の方が早かったんですね。それでもご存じのように、Apple WatchはWear OSがかすむほどのヒットになり、現在も人気です。

Samsungはすぐに「Tizen」に一本化

 SamsungはAndroid Wearが発表される前に、Galaxyシリーズと連携するスマートウォッチ「GALAXY Gear」を発売していました(OSは発表されていなかったと思います)。Android Wear搭載の「Galaxy Gear Live」も出しましたが、その後のスマートウォッチはすべて、自分のところのウェアラブルOS「Tizen」搭載でした。

 gear 「GALAXY Gear」

 当時は「ああ、Android Wearはいまいちだったんだろうなぁ」と思ったものです。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.