ITmedia NEWS >
ニュース
» 2021年05月25日 15時10分 公開

Intelが生み出したさまざまなPC標準規格 Microsoftとの協力と対立“PC”あるいは“Personal Computer”と呼ばれるもの、その変遷を辿る(1/4 ページ)

そろそろ皆さんに馴染みの深い規格が登場してきた。ここまでくると、Wintelの時代である。

[大原雄介,ITmedia]

 IBM PC、PC/AT互換機からDOS/Vマシン、さらにはArmベースのWindows PC、M1 Mac、そしてラズパイまでがPCと呼ばれている昨今。その源流からたどっていく大原雄介さんによる解説連載の第7回。ビデオカードの台頭と、その性能を発揮するために投入された新規格「VL-Bus」の登場前夜までが前回。いよいよ、“Wintel”の出番である。


 VL-Busのように場当たり的に新規格を生み出しても、それが長く使えるものになるとは限らない。一応は業界規格として策定されたEISAについても広く使われたとはいえない。

 それは「とにかくすぐ使えるもの」を求め、「この先どうなるか」を考えなかった結果、といえなくもない。

 きちんと長期間にわたって使える規格は「PCというのは将来どうあるべきか」のビジョンを定め、それに沿って「そのためにはこうした規格が必要」という形で定めるべきだ。そこでビジョンが間違ってたりすると、どうしようもないものが出来上がったりする。

 1991年、Intelは社内にIAL(Intel Architecture Labs)と呼ばれる組織を立ち上げた。このIALのミッションは“Enable innovation in the industry”(業界でイノベーションを可能にする)というものだが、これだと抽象的すぎる。

 もう少しかみ砕いて説明すると、IALのミッションとは「マイクロプロセッサの市場セグメントを広く拡大する」ことである。

 つまり、現在利用しているユーザーではなく、今後Intelのプロセッサを利用するであろうユーザーのために、そうした新しいユーザーが必要とする「モノ」を可能にするための技術を開発する、というミッションを持っていた。

 IALには500人あまりのエンジニアが所属していたが、いわゆるマイクロプロセッサ専門のエンジニアはおらず、ほとんどはソフトウェアのエンジニアであった。このIALが(成功/失敗は問わず)手掛けたプロジェクトは多数あるのだが、The organization of platform leadership : An empirical investigation of Intel's management process aimed at fostering complementary innovation by third partiesに掲載のリストでいえば、

Project名 提供形態
PCI Interface / Standard
AGP Interface / Standard
USB Interface / Standard
IEEE 1394/FireWire Interface / Standard
H.323 Interface / Standard
TAPI Interface / Tool
Scalable Platforms Initiative Initiative
Conferencing and IP Telephony Initiative Initiative
Internet Media Initiative Initiative
Manageability Initiative Initiative
Broadband Initiative Initiative
Anywhere-in-the-Home Initiative Initiative
Easy-to-Use PC Initiative Initiative
Instantly-Available Initiative Initiative
Plug-and-Play Initiative Initiative
Information Management and Knowledge Exchange Initiative
Security Initiative Initiative
Home RF Technology / Standard
DVD Technology / Standard
CDSA(Common Data Security Architecture) Technology / Standard
Indeo Technology / Product
Intel ProShare Technology / Product

などが出てくる。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.