ITmedia NEWS > 製品動向 >
速報
» 2021年05月28日 09時12分 公開

Acer、初の17.3インチ(380ドルから)を含むChromebookを4モデル発表

AcerがChromebookの新モデルを4種発表した。17.3インチの大画面「Chromebook 317」は380ドル(約4万2000円)から。最も安価な14インチ「Chromebook 314」は270ドルから。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 台湾Acerは5月27日(台湾時間)、“業界初”を謳う17.3インチChromebook「Acer Chromebook 317」を含む、4モデルの新しいChromebookラインを発表した。

大画面が特徴の「Chromebook 317」

 Chromebook 317はChromebookとしては最大の17.3インチのアンチグレアコーティングを施した1080pディスプレイが特徴。大画面なのでマルチタスクがしやすく、オプションのWebカメラでWeb会議にも向いているとしている。タッチ対応スクリーンとキーボードのバックライトはオプションだ。キーボードはChromebookには珍しい10キー付き。タッチパッドも大型だ。

 acer 1 「Acer Chromebook 317」

 プロセッサは米IntelのCeleron、バッテリー持続時間は10時間、USB Type-C×2、USB-A×2、microSDスロットを備える。

 Chromebook 317は6月に米国で発売する。価格は379.99ドル(約4万2000円)から。

270ドルの14インチ「Chromebook 314」

 新モデルの中で最も安価な「Chromebook 314」は14インチ180pディスプレイ(オプションでタッチ対応)で、プロセッサは台湾MediaTekのMT8183、ポートはUSB Type-C×1、バッテリー持続時間は15時間。北米で7月発売予定。価格は269.99ドルから。

 acer 2 「Acer Chromebook 314」

頑健な14インチ「Chromebook 514」

 「Chromebook 514」は米軍MIL規格準拠の頑健さが特徴のモデル。タッチパッドはGorilla Glassで覆われている。プロセッサは第11世代のIntel Core、ポートはThunderbolt 4、バッテリー持続時間は10時間で急速充電もサポートする。

 acer 3 「Acer Chromebook 514」

 北米で10月に発売の予定。価格は599.99ドルから。

ハイエンドの「Chromebook Spin 713」はコンバーティブルノート

 今回発表された中で唯一コンバーティブル(ディスプレイを360度回転させてタブレットとしても使える)モデルの「Chromebook Spin 713」は、第11世代Intel Core搭載で“世界初の”Intel Evo認定Chromebookだ。ディスプレイは3:2の13.5インチ、ポートはThunderbolt 4×2、バッテリー持続時間は10時間(30分の充電で4時間持続可能)。北米では6月発売予定。価格は699.99ドルから。

 acer 4 「Acer Chromebook Spin 713」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.