ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年06月16日 18時52分 公開

Linuxベースの独自OSを搭載したタブレットがクラファンで登場 Androidアプリにも対応

中国Jingling Techが、Linuxベースの独自OS「Jing OS」を搭載したタブレット端末「Jing Pad A1」のクラウドファンディングを開始。Linuxアプリの他、Androidアプリも一部動作するという。価格は549ドル。

[ITmedia]

 中国Jingling Techは6月16日(日本時間)、Linuxベースの独自OS「Jing OS」を搭載したタブレット端末「Jing Pad A1」のクラウドファンディングを「Indiegogo」で始めた。Linuxアプリの他、Androidアプリも一部動作するという。価格は549ドル。同日午後7時時点では約220万円の目標額に対し、約980万円を集めている。

 Jing OSは「GIMP」や「VSCode」などLinuxで動作するデスクトップアプリに加え、ゲーム「Gardenscapes」など一部のAndroidアプリに対応。各アプリは同社の公式アプリストア「Jing OS AppStore」でダウンロードする。

 2368x1728ピクセル(266ppi)の11型有機ELディスプレイを搭載。SoCには中国Unisoc製のオクタコア(1.8GHz+2.0GHz)「UnisocTiger T7510」を採用した。メモリは8GB。ストレージは256GBで、最大512GBのMicroSDカードにも対応する。

photo.タッチペンやキーボードと併用するときのイメージ

 充電端子はUSB-C。8000mAhバッテリーを採用し、最大8〜10時間動作する。ワイヤレス機能は2.4GHz帯と5GHz帯のWi-Fi、Bluetooth 5.0、2x2 MIMOなどに対応。サイズは約243.5(高さ)×178(幅)×6.7(奥行き)mmで、重量は約490g。

 背面には1600万画素、前面には800万画素のカメラも搭載。周辺機器として、4096段階の筆圧レベルに対応するタッチペン「JingPad Pencil」や、トラックパッド付きの外付けキーボード「JingPad Keyboard」も提供する。

 Jingling Techによれば、Linuxを搭載した商用のタブレット端末は世界初という。クラウドファンディングは8月15日まで続ける。

photo 対応するLinuxアプリの一例

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.