ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年06月21日 20時09分 公開

新入社員が先輩とランチに行くと無料に アンカー、コミュニケーション活発化の新制度

入社1カ月以内の社員が既存社員と一緒にランチに行ったとき、代金を全て負担する新制度をアンカー・ジャパンが導入。リモートワークの影響で難しくなっている部署間のコミュニケーションを活発化する。

[ITmedia]

 アンカー・ジャパンの猿渡歩COOは6月20日、入社1カ月以内の社員が既存社員と一緒にランチに行ったとき、その代金を全て負担する新制度を導入したことを明らかにした。リモートワークの影響で難しくなっている部署間のコミュニケーションを活発化するのが狙い。

 新卒・中途で入社した社員が対象。役職は問わず、ランチに行く回数や同席する人数も制限しないが、猿渡COOは「常識の範囲内で」と呼び掛けている。

 アンカー・ジャパンはコロナ禍を受け、2020年6月までに在宅勤務制度を導入。直営店「Anker Store」も営業時間を短縮したり、休業したりしている。猿渡COOは同社の福利厚生について「(今後も)ニーズに合わせて柔軟に足し引きしていきたい」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.