ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2021年06月29日 06時56分 公開

Windows 11プレビュー(ビルド22000.51)、Insiderで提供開始 AndroidとTeams統合はまだ

Microsoftは「Windows 11」の初プレビュー「ビルド22000.51」をWindows Insider Program向けにリリースした。AndroidアプリやTeams統合などはまだ試せないが、新しいデザインとUIはほぼすべて反映されている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは6月28日(現地時間)、24日に発表した「Windows 11」の最初のプレビュー(ビルド22000.51)をWindows Insider Program向けにリリースした。プログラムに加入し、要件を満たすPCを持っているユーザーであれば誰でもプレビュー版を試せる。

 insider 1

 このビルドでは、まだAndroidアプリのダウンロードやTeamsの統合などの機能は試せないが、新しいスタートメニュー、マルチタスク機能、新しいMicrosoft Storeなどは利用できる。また、デザインの変更のほとんどは反映されている。

 insider 2 Windows 11の特徴的なデザインはほぼすべて反映されている

 [設定]の画面も大きく変わる。

 insider 3 プレビュー版の[設定]画面

 Microsoftは同日、Office Insider ProgramでWindows 11向けOfficeのプレビュー版もリリースした(本稿執筆現在、日本ではまだ)。Officeのデザインも角丸になる。

 insider 4 Wordのプレビュー版

 Windows 11のプレビュー版を試すには、Windows Insider Programに登録してから、要件を満たすWindows 10搭載PCで[設定]→[更新とセキュリティ]→[Windows Insider Program]に移動して開発チャンネルを有効にする。

 プレビュー版は一般に、バグや問題のフィードバックを得るためにメーカーが提供するものだ。仕事などでメインで使っているPCにインストールすることは勧められない。

 なお、Microsoftが24日にリリースしたWindows 11をインストールできるかどうかのシステム要件を確認するアプリは「これまでのフィードバックで、レベルを共有する準備が十分に整っていなかったことを認識」し、一時的に削除するという(本稿執筆現在、まだダウンロードできる)。Windows 11の最小システム要件の更新については公式ブログを参照されたい。

 また、6月24日までにDevChannelのビルドをインストール済みのInsiderユーザーの場合、最小要件を満たしていないPCでもプレビューのインストールが可能だ。その場合はバグや問題が修正されない可能性があり、今秋に正式版がリリースされる段階でWindows 11のビルドを受けられなくなる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.