ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2021年07月02日 11時45分 公開

Cygamesが「ウマ娘」「グラブル」背景イラストの展示会 VR展示は無料

Cygamesはスマホゲーム「グラブル」や「ウマ娘」など4作品の背景美術を展示する展覧会を7月24日から長崎県で開催。全ての展示品が無料で見れるVR展示も行う。

[荒岡瑛一郎,ITmedia]

 Cygamesは7月1日、スマートフォンゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」や「グランブルーファンタジー」など4作品で使用する背景イラストの展覧会を開催すると発表した。山本二三美術館(長崎県五島市)で7月24日から9月5日まで実施する。入館料は大人600円。7月30日からは、スマホやPCでアクセスできる無料のVR展示会も行う。

 グランブルーファンタジーやウマ娘 プリティーダービーに加え「プリンセスコネクト!Re:Dive」「Shadowverse」の背景イラスト計70点と、描き下ろしのイラスト2点を展示する。VR展示では、美術館の様子や全展示物を再現したVR空間を公開。24時間いつでもアクセス可能にするという。必要なデバイスの詳細などは後日告知する。

展示する「グランブルーファンタジー」の背景アート
展示する「ウマ娘 プリティーダービー」の背景アート

 Cygamesは2019年にもゲームの背景に特化した展示会「Cygames背景美術展」を行っている。同社はこういった取り組みについて「これまでグラフィックやデザイン面に注力してきたが、背景アートもゲームの雰囲気を作り出す大切な要素の一つ。この機会に、Cygamesのゲームを知らない人にも楽しんでもらえれば」としている。

展示する「プリンセスコネクト!Re:Dive」の背景アート
展示する「Shadowverse」の背景アート

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.