ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年07月21日 19時12分 公開

「シンエヴァ」ラストシーンの修正指示はiPadで カラー、宇部新川駅が映るカットの制作過程を公開

「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の製作元カラーが、宇部新川駅などが映るラストシーンのCGデザインの修正指示をiPadで行ったとするエピソードを公式Twitterアカウントで明らかにした。

[ITmedia]

 「シン・エヴァンゲリオン劇場版」ラストシーンの修正指示は庵野秀明総監督がiPadで行った――こんなエピソードを、製作元のカラーが7月20日、公式Twitterアカウントで明かした。カラーが公開した画像を見ると、庵野総監督の指示書きが確認できる。

 公開したのは同作ラストで実写映像が流れる場面の修正指示。JR宇部新川駅(山口県宇部市)が映るシーンでは駅のバス停で待つ人を指して「バス停待ちの人々はスマホを見るとかポーズを工夫してほしい」「待ち人を足す」などと指示をしている。太陽家具宇部本店のビルに対しても、電柱の高さをリアルにするようになどの指示を出している。

カラーが公開した修正指示の画像(出典:カラー公式Twitterアカウント)

 Twitterでは「庵野監督、メチャクチャ細かいな」「CGを使っていたのか」などの反応があった。

 カラーによるとiPadを導入したのはコロナ禍に伴うリモートワークへの移行が理由という。iPad導入以前は、デジタルデータを紙で出力し、庵野総監督が紙に手書きで修正指示を出していたとしている。

紙に手書きした修正指示(出典:カラー公式Twitterアカウント)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.