ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年08月17日 17時35分 公開

“感謝の気持ち”送り合うアプリで社内活性化 ブロックチェーン活用、博報堂など開発

従業員同士が感謝や称賛の気持ちをデジタルカードで送り合えるスマホアプリ「PRAISE CARD」が登場。カードの送受信量などはブロックチェーンで管理し、社内の“活気”を分析できる。

[ITmedia]

 博報堂は8月17日、従業員同士が感謝や称賛の気持ちをデジタルカードで送り合えるスマートフォンアプリ「PRAISE CARD」(プレイズ カード)の試験提供を、法人向けに始めた。カードの送受信量や保有量はブロックチェーンで管理する仕組み。社内コミュニケーションの活気を分析し、職場環境の改善に生かせるという。

 テレワークで希薄化した従業員同士の信頼感やつながりを取り戻すべく、日本ユニシスと共同で開発した。

 導入企業は、従業員に求める行動指針や企業価値を記載したカードを設定。例えば、「Challenger(チャレンジを続ける姿勢に心を打たれます!)」「Customer Focused(お客様目線の気づきをありがとう!)」といったカードを作り、従業員同士で送り合える。

photo PRAISE CARDの画面イメージ

 カードの送受信量や保有量はブロックチェーンに記録し、従業員の関係性や、誰が誰に送ったのかを分析。部署や部門、全社内での活気を可視化することで「組織の課題を見つけて職場環境の改善ができる」としている。

 ブロックチェーン技術の活用支援を行う博報堂のプロジェクト「HAKUHODO Blockchain Initiative」と、マーケティングを手掛ける博報堂コンサルティング、日本ユニシスが共同で開発した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.