ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2021年08月18日 11時38分 公開

Twitter、「誤解を招く投稿」を報告するテストを米、韓国、豪で開始

新型コロナワクチンの誤情報が接種拒否の一因とされる中、Twitterは、ツイートを報告するツールに「誤解を招く内容を含んでいる」という項目を追加するテストを開始した。米、韓国、オーストラリアの一部のユーザーが対象。

[ITmedia]

 米Twitterは8月17日(現地時間)、ツイートを報告する機能の選択肢に「誤解を招く内容を含んでいる」という項目を表示するテストを一部のユーザーを対象に開始したと発表した。テストは米国、韓国、オーストラリアで実施する。

 twit 告知ツイート

 あくまでもテスト段階なので、報告に基づくアクションを起こすことはないが、より広範な誤情報対策の速度と規模を改善するために役立つので協力してほしいとしている。

 TwitterやFacebookなどのSNSでは、新型コロナワクチン関連の誤情報が跡を絶たず、若者がワクチン接種を躊躇する原因の1つになっているとみられている。

 ジョー・バイデン米大統領は7月、こうした誤情報を放置することでSNSは「人々を殺している」と発言した

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.