ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2021年09月10日 14時05分 公開

Netflix、東京にアニメ制作の支援拠点 「人手不足で疲弊する制作会社を支援」

Netflixが、アニメ制作の支援に特化した新拠点を同社の東京オフィス内に開設した。当面は人手不足が深刻なアニメ制作初期のコンセプトアート作りなどに注力する。

[荒岡瑛一郎,ITmedia]

 Netflixは9月10日、アニメ制作の支援に特化した新拠点「アニメ・クリエイターズ・ベース」を同社東京オフィス内に正式オープンした。まずは人手不足が深刻なアニメ制作初期のコンセプトアート作りなどに注力する。同社初の試みで、日本に開設することでアニメ制作の支援拡充を進める狙いがある。

photo アニメ・クリエイターズ・ベースを紹介する公式バーチャルYouTuber「N子・メイ・黒野」

 アニメ・クリエイターズ・ベースの機能は、コンセプトアートなどを描く「デザイナーズ・ガレージ」、脚本の打ち合わせをする「ライターズ・ガレージ」、VRやモーションキャプチャーなどを試す「ラボ」――の3つ。デザイナーやクリエイターが初期アイデアを練る場や、最新技術など積極的に導入する実験場としての運営を目指す。

photophoto デザイナーズ・ガレージ(左)、ライターズ・ガレージ(右)

 当面はコンセプトアート制作を進め、絵コンテや脚本作りなどの前段階を強化する。Netflixの櫻井大樹氏(アニメチーフプロデューサー)によると、日本のアニメ制作会社は深刻な人手不足で、企画・制作初期段階を省略する傾向にあるが、同社は重要な工程と捉えているという。「制作関係者の間での作品イメージ共有や、作品の世界観を広げる上で大切。Netflixが(その工程を)提供することで作品作りに役立ててほしい」

 同施設はパートナーシップを結ぶ制作会社の関係者や外部のクリエイター、監督、原作者などの活用を想定。気軽に足を運んで作品のアイデアを広げたり、企画が決まる前のイメージを絵にする取り組みなどを予定する。

photophoto アニメ・クリエイターズ・ベースに参加するデザイナーが描いたコンセプトアート

 こうしたアニメ制作支援の機能を持つ拠点は同社初。日本に開設した理由は、日本には多くのアニメ制作会社が集まる中、時間・人手不足で疲弊している制作会社が多数あるとして、理想的な作品制作をクリエイターと一緒に進めることだという。

 Netflixが配信するアニメ作品は、年間1億2000万世帯で視聴され、100の国と地域でトップ10入りしている。櫻井氏は世界的に日本のアニメが人気の理由を「動画配信サービスが普及してアニメを見やすい環境が整った。加えて絵だから(作品内に映る要素が)国家や人種など関係なくて受け入れやすい」と分析。今後も日本産アニメに積極的な投資をしていく姿勢を見せた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.