ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2021年09月27日 13時58分 公開

Samsung、人の脳を半導体チップに“コピペ”する研究を発表

韓国Samsung Electronicsは、米ハーバード大学と共同で、人間の脳の構造を1つの半導体チップにコピー&ペーストする研究を行っていると発表した。

[松浦立樹,ITmedia]

 韓国Samsung Electronicsは9月26日(現地時間)、人間の脳を半導体チップにコピー&ペーストする研究を、米ハーバード大と共同で行っていると発表した。ナノ電極アレイを使って神経細胞(ニューロン)の構造を読み取り、メモリチップ上にコピーする技術の開発を目指す。

 研究の構想をまとめた論文は、科学雑誌「Nature Electronics」に9月23日付で掲載された。

 脳の機能をコンピュータ上に再現する「ニューロモーフィックエンジニアリング」の研究は1980年代から始まっているが、ニューロンがどう配置され、脳の機能を担っているかは現在でもほとんど分かっておらず、脳をそのまま再現する手法の開発は難航している。

 研究チームは今回、人の脳のニューロンの電気信号を高感度に記録でき、配置や接続状態もコピーできるナノ電極アレイを独自開発。ニューロンが接続する場所と、接続の強さも記録でき、ニューロンの配線マップを“コピー”できるという。

CNEA(CMOSナノ電極アレイ)上のラットニューロンの画像

 コピーしたデータは、SSDなど不揮発性メモリのネットワークに“ペースト”。脳のニューロン接続マップを、メモリチップに直接ダウンロードする――という流れだ。SSDのほか、RRAM(抵抗変化メモリ)などへの“脳のペースト”を目指している。

 人間の脳にはニューロンが約1000億個あるとされ、その1000倍以上のシナプス(ニューロン間の接合部)があると推定されている。このため、脳を再現した半導体チップの作成には、約100兆個のメモリセルが必要と考えられる。

 Samsungは、3次元構造のメモリセルを採用した高密度なメモリを開発している。脳を再現した膨大なデータを、3次元構造セルを採用した1つのメモリに貼り付けることを目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.