ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年10月04日 12時46分 公開

触らなくていい「静電ホバータッチディスプレイ」、シャープが開発

シャープは4日、指を画面から浮かせた状態で操作できる「静電ホバータッチディスプレイ」を発表した。

[ITmedia]

 シャープは10月4日、指を画面から浮かせた状態で操作できる「静電ホバータッチディスプレイ」を発表した。飲食店のセルフオーダー端末などに応用し、コロナ禍で高まる非接触のニーズに応える。

「静電ホバータッチディスプレイ」

 静電容量式のタッチディスプレイを採用。感度を上げた新開発のタッチコントローラーはディスプレイ表面から最大5cm離れた位置にある指を検知するとしている。手袋をしていても反応する。

 15インチから55インチの中大型画面に対応する。店舗のセルフオーダー端末、 公共施設や商業施設の案内用デジタルサイネージなどへの採用を見込む。

 シャープは、10月19日から22日にオンラインで開催される総合技術展示会「CEATEC 2021 ONLINE」に静電ホバータッチディスプレイを出品する。

商業施設の案内用デジタルサイネージに搭載したイメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.