ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年10月21日 12時26分 公開

LINEがネットショップ作成サービス、開設から顧客対応までLINEで完結

LINEは、韓国のNAVER Corporationが提供するオンラインストア作成サービス「NAVER SmartStore」を日本向けにローカライズした「MySmartStore」を始める。本格提供は2022年春を予定。

[松浦立樹,ITmedia]

 LINEは10月21日、韓国のNAVER Corporation(NAVER)が提供するオンラインストア作成サービス「NAVER SmartStore」を日本向けにローカライズした「MySmartStore」を始めると発表した。本格提供は2022年春を予定しており、先行導入している店舗や新規参入店舗の声をもとに機能を拡充する。

 MySmartStoreは、NAVERが現在韓国で提供しているNAVER SmartStoreを日本向けにローカライズしたオンラインストア作成サービス。ローカライズに加えて、LINE公式アカウントと連携でき、アカウントの開設や販促メッセージの送信、チャット形式での1対1の顧客対応などをLINEのみで完結できる。

 売れ筋商品を確認できる他、ストアへの流入経路や顧客層を分析できる機能も今後搭載する予定。初期費用や月額費用や無料で、販売手数料は売り上げの2.5%。2022年3月末までに開店審査を申し込みした店舗には、2023年3月末までの販売手数料を0円にするキャンペーンも開催する。

 このサービスは、NAVERから業務委託を受け、LINEがサービスの営業やマーケティングなどの事業運営を担う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.