ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年10月21日 19時55分 公開

「WAON」のApple Pay対応もスタート 「スマホ対応できない決済手段は生き残れない」(2/2 ページ)

[石井徹,ITmedia]
前のページへ 1|2       

「ファミリー共有」にWAONが唯一対応

 iOSの「ファミリー共有」で子ども用のApple Watchを管理している場合、WAONカードを子ども用として発行する機能が利用できる。ファミリー共有のWAONカードには、保護者のiPhoneに「チャージをリクエスト」する機能があり、あらかじめ決められた残高をお小遣いとして子どもに渡すような使い方ができる。

 この機能は、第4世代以降のセルラー版Apple Watchで利用可能。ファミリー共有機能で子ども用のApple Watchの残高を管理する機能は、日本の電子マネーではWAONのみが対応している(10月21日時点)。

「スマホ対応できない決済手段は生き残れない」

 21日に開かれた「WAON×Apple Payサービス開始会見」では、イオンリテール WAON推進部長の山元環樹氏が登壇。Apple Payに対応した狙いを説明した。

 全国に大小の小売店舗を持つイオン。電子マネーWAONは、シニア層では非常に根強い指示を受けているという。一方で20〜40歳の若年層は相対的に手薄になっていた。WAONがApple Payに対応したことで、若年層に向けた訴求も強めていきたいという。

 その上で山本氏は「シニア層もスマホシフトの流れがある。対応できない決済手段は今後生き残れないだろう」と言及。シニア層のスマホシフトが進む中で、スマホ上でも使いやすいサービスとして拡充させていく方針を示した。

 なお、今回のApple PayのWAONは、JMB WAONカードには対応していない。同社では今後の検討課題と捉え、対応を進めていく方針としている。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.