ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2021年11月16日 09時55分 公開

Twitter、「API v2」をプライマリAPIに

Twitterは、「Twitter API v2」をプライマリAPIにすると発表した。このAPIは昨年8月にリリースしたものだ。Twitter API v1.1は引き続き利用可能だが段階的に廃止していく。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterは11月15日(現地時間)、昨年8月にリリースした「Twitter API v2」をプライマリAPI(デフォルトのAPI)にすると発表した。API v1.1も引き続き利用可能だが、段階的に廃止していく。

 API v2では、複数のアクセスレベルを用意した。開発者は、Essential、Elevated、Managedのいずれかのレベルを選択できる。各レベルで1カ月あたりのツイート数などが異なる。Managed以外は無料だ。

 api 1 API v2の3つのアクセスレベルとその概要

 V1.1ではできなかった、「スペース」のエンドポイント、ツイートへの投票の投稿、リストの固定/固定解除などがV2では可能になっている。

 開発者利用規約も改定し、アプリでサポートできるユーザー数を制限する文言を削除することで、プラットフォームのコアサービスの使用方法をより自由にしたとしている(詳細はこちら)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.