ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年11月30日 13時15分 公開

テレ朝がNFT事業に本格参入 「コン・バトラーV」など東映ロボットアニメをデジタルトレカ化

テレビ朝日がNFT事業に本格参入する。第1弾として東映が手掛けるロボットアニメの名シーンをデジタルトレーディングカード化して発売する。

[谷井将人,ITmedia]

 テレビ朝日とテレビ朝日メディアプレックスは11月30日、NFT事業に本格参入すると発表した。第1弾として「超電磁ロボ コン・バトラーV」「ビデオ戦士レザリオン」など東映が手掛けたロボットアニメの名シーンをデジタルトレーディングカードとして3000パック限定で12月16日に発売する。

photo 販売サイト「NFTStudio」

 1パック5枚入りで価格は3850円(税込)。収録作品は「超電磁ロボ コン・バトラーV」「超電磁マシーン ボルテスV」「闘将ダイモス」「宇宙大帝ゴッドシグマ」「ビデオ戦士レザリオン」「未来ロボダルタニアス」。

 販売サイトは「NFTStudio」。LINE傘下のブロックチェーン企業LVCが提供する「LINE Blockchain」をベースにしており、カードの購入にはLINEアカウントが必要。購入したカードは二次流通(転売)も可能。転売で得た収益の一部はロイヤリティとしてコンテンツ事業者に還元する。

photo LVCの「LINE BITMAX Wallet」を使えば作品の二次流通ができる

 テレビ朝日とテレビ朝日メディアプレックスは、テレビ番組の映像や画像などをNFT化したコンテンツを提供し、テレビの新しい体験価値の創出、コンテンツの世界発信、若手クリエイターの育成などを目指すとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.