ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2021年12月28日 16時25分 公開

国土地理院、縮尺5万分の1の電子地形図を試作 意見募集へ

国土地理院は縮尺5万分の1レベルの「電子地形図50000」の新規刊行に向け、試作図を公開した。試作図は「岸和田」「上高地」「松之山温泉」「札幌」。

[片岡義明,ITmedia]

 国土地理院は縮尺5万分の1レベルの「電子地形図50000」の新規刊行に向け、試作図を公開した。国土や地域をより総合的・俯瞰(ふかん)的に捉えることを目的としている。

「電子地形図50000」の試作図「岸和田」編集版1(等高線のみ)

 試作図は「岸和田」「上高地」「松之山温泉」「札幌」の4つで、電子地形図25000と極力同じ図式表現を維持した「編集版1」と、一定の編集を加えた「編集版2」の2パターンがある。背景の地形表現はそれぞれのパターンについて「陰影起伏図+傾斜量図を追加したもの」「等高線のみ(陰影なし)」の2種類。

 電子地形図50000は画像タイプや解像度、地物の表示設定などを選択できるオンデマンド形式の地図画像データで、基本図となる2万5千分1地形図よりも広い範囲を1枚で表示できる。電子国土基本図(地図情報)などを用い、原則として自動処理によって作成するため、既存の「電子地形図25000」と同等の鮮度の高い地形図になるという。

 国土地理院は行政や教育、レクリエーションなど幅広い用途を想定している。今回公開した試作図に対する意見を募集し、刊行に向けて検討する。

編集版2(陰影、傾斜量あり)

この記事について

この記事は、地図と位置情報のニュースを中心とした情報サイト「GeoNews」から転載、加筆したものです。URLはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.