ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
SaaSビジネス研究所
ニュース
» 2022年01月26日 18時15分 公開

freeeから最大限度額5000万円の法人向けクレジットカード スタートアップの利用見込む

freeeが、最大限度額5000万円の法人向けクレジットカードの提供を始めた。経費精算サービス「freee会計」と利用明細を同期できる機能を搭載。限度額の少ないカードしか作れないスタートアップなどの利用を見込む。

[吉川大貴ITmedia]

 freeeは1月26日、最大限度額5000万円の法人向けクレジットカード「freeeカード Unlimited」の提供を始めた。経費精算サービス「freee会計」との連携が可能で、支払いから1営業日程度で利用明細を同期できる機能を搭載する。クレジットカードの発行ができなかったり、限度額の少ないカードしか作れなかったりするスタートアップの利用を見込む。

photo freeeカード Unlimitedのイメージ

 freeeは最大限度額が300万円程度の小規模事業主向けクレジットカード「freee提携カード」や、他社カードの利用明細を3営業日程度でfreee会計に反映するサービスなどを提供している。しかし各サービスを利用する企業の中から「限度額が足りない」「利用明細の反映に時間がかかり、月末の会計に間に合わない」といった声が出たことから、要望をまとめた新たなカードの提供に至ったという。

 freee提携カードはビザ・ワールドワイド・ジャパンなどと共同で発行していたが、freeeカード Unlimitedはfreeeの完全子会社であるfreee finance lab(東京都品川区)が単独で発行する。利用審査もfreee会計のユーザー企業31万社のデータを活用して作成した与信モデルを基に、社員数や外部からの資金調達の有無などを参考に判断する。決済インフラはVISAカードと同じものを使う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.