ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2022年05月20日 17時31分 公開

呼気で個人認証、原理実証に成功 精度は98%

人の呼気から得られる科学情報を個人認証に活用する技術の原理実証に成功したと東京大学大学院などの研究グループが発表した。なりすまし対策にも有効だという。

[ITmedia]

 人の呼気から得られる科学情報を個人認証に活用する技術の原理実証に成功したと、東京大学大学院、九州大学大学院、名古屋大学大学院、パナソニック インダストリーからなる研究グループが5月20日に発表した。

 呼気に含まれる分子の種類や量に人によって異なる成分パターンが存在することを発見。人工嗅覚センサーで得たデータに機械学習を適用し、個人を識別する仕組みを作った。

 6人あるいは20人を対象とした実験では平均97.8%の精度で個人を識別できた。実用化に向けてはより多人数の実証実験や食事が及ぼす影響を見極める必要があるという。

 また実験では16種類の高分子材料と導電性カーボンナノ粒子の混合物で構成された人工嗅覚センサーを使用したが、センサー数を増やすと識別精度や再現性が上がる傾向が見られた。研究グループは今後のセンサー開発の指針になるとしている。

 生体認証は身体的な特徴などを用いて個人認証を行う仕組みで、これまでに指紋や顔、虹彩、網膜などさまざまな認証技術が登場している。しかしケガなど身体的特徴の変化によって精度が落ちたり、偽造や窃取された場合の長期的ななりすましリスクといった課題がある。

 対して呼気による個人認証はケガなどをしても精度は下がらず、認証後に霧散するため長期的ななりすまし対策にも有効だという。

 論文は英国の学術誌「Chemical Communications」(オンライン版)に5月20日付で掲載された。

(a)はガスクロマトグラフ質量分析による男性3人の呼気成分マップ。(b)は機械学習で抽出した個人識別のための特徴量マップ。特徴的な成分をハイライト
国籍や性別、年齢の異なる6人の呼気をセンシングしたセンサー応答マップ(左)と個人識別の特徴量マップ(右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.