ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2022年05月27日 13時39分 公開

前澤友作さん、Web3とメタバースに投資する「MZ Web3ファンド」立ち上げ 投資総額は100億円

実業家の前澤友作さんがWeb3やメタバース領域に投資する「MZ Web3ファンド」を立ち上げた。総額100億円規模の投資が可能という。

[松浦立樹ITmedia]

 実業家の前澤友作さんは5月27日、Web3やメタバース領域に投資する「MZ Web3ファンド」を、自身の個人資産で運営する前澤ファンド(東京都港区)から立ち上げたと発表した。総額100億円規模の投資が可能という。

「MZ Web3ファンド」

 投資対象は、Web3関連領域の事業を行う企業や団体、もしくはVRやAR、xRなどのプロダクトやサービスを提供する企業。主な対象ステージはシードからアーリーまで。チケットサイズ(1回の投資額)は数百万円から数億円、株式投資やNFT、トークン投資に対応するという。

 同ファンドでは、審査通過後から1週間以内の資金提供を可能としている。他に、投資先企業のプロモーションやマーケティングの支援や、テクノロジーやクリプト領域の専門家による事業立ち上げの支援も行う。

 ファンド立ち上げの経緯について、前澤さんは「Web3の考え方は今までの資本主義でスポットの当たらなかった人や場所を照らせる可能性がある。そして株ではないトークンとかNFTとか、お金自体を変え得る可能性もある。めちゃめちゃワクワクする世界が目の前に拡がっている気がしてます。みんなで何かしませんか?」(原文ママ)とTwitter上でコメントしている。

前澤友作さんのツイート(Twitterアカウント(@yousuck2020)から引用)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.