ITmedia NEWS > セキュリティ >
セキュリティ・ホットトピックス
ニュース
» 2022年07月27日 13時03分 公開

ランサムウェア被害で決算締まらず 自動車・航空機部品のリケンが発表延期

自動車や航空機の部品製造を手掛けるリケンが、ランサムウェアとみられる攻撃を受けたため、2023年3月期第1四半期の決算発表を延期すると報告した。

[ITmedia]

 自動車や航空機の部品製造を手掛けるリケンは7月26日、ランサムウェアとみられる攻撃を受けたため、2023年3月期第1四半期の決算発表を延期すると報告した。財務会計システムなどが影響を受け、決算業務に支障が発生したとしている。

photo リケンのWebサイト

 同社は17日深夜にランサムウェアを使った攻撃を受けた。被害拡大を防ぐためネットワークを遮断。専門機関や弁護士などとともに、影響を受けたサーバやファイルの特定、攻撃を受けた原因の調査と復旧作業を進めているが、被害が広範で対応に時間がかかるとしている。

 攻撃による個人情報の漏えいは確認されていない。製品の製造には影響がなく、経営に大きな影響はないとしている。

 決算発表日は復旧作業の進捗次第。確定次第速やかに公表するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.