ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2022年08月02日 14時00分 公開

「神絵が1分で生成される」 画像生成AI「Midjourney」が話題

人間の指示をもとに画像を生成するAI「Midjourney」がTwitterで話題だ。Discordでイラストのお題を投稿すると画像を出力する仕組み。

[ITmedia]

 「神絵が1分で生成される。参った」──AIが作ったイラストともに投稿されたそんなツイートが話題になっている。この画像を生成したのはAI「Midjourney」だ。

 Midjourneyは、NASA(アメリカ航空宇宙局)の技術者も務めたデイビッド・ホルツさんが代表を務めるAI研究チームが開発した画像生成AI。8月1日の時点ではβ版を公開している。無料で25回まで画像生成のテストができる。有料版は月額10ドル(約1330円)からで、企業向けライセンスも用意している。

 画像の生成にはコラボレーションツール「Discord」を使う。MidjourneyのDiscordサーバに入り、コマンドを使って生成したい画像の内容を英語で指示すると、AIが1分前後でお題に沿った画像を出力する仕組み。生成した画像の権利はユーザーに帰属するが、規約上はMidjourneyチームや他のユーザーが生成画像を取得し、加工、公開できる。

photo 「メタバース東京を眺める怪物」を描くよう指示した
photo ITmedia NEWSのクラウド記事をまとめた特集ページの名前「CLOUD USER」から連想して画像を生成

 Twitterでは、画像生成を試したユーザーが「触ってみたら本当にすごかった」「少し加筆するだけですごい絵ができる」といった反応がみられる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.