ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2023年03月13日 11時15分 公開

埼玉栄高、東日本大震災に関する不謹慎動画を謝罪 「生徒へのネットリテラシー教育が行き渡らず」

埼玉栄高等学校は、生徒が東日本大震災に関する不謹慎な動画をSNSに投稿したとして謝罪した。

[松浦立樹ITmedia]

 埼玉栄高等学校は3月12日、生徒が東日本大震災に関する不謹慎な動画をSNSに投稿したとして謝罪した。同校の生徒を名乗る人物が同日、Instagramに被災者を侮辱するような発言をしている動画を投稿。SNS上で物議を醸していた。

埼玉栄高等学校(公式Webサイトから引用)

 同校は「東日本大震災にてお亡くなりになられた方々や、そのご遺族の方々、また、被災されました多くの方々や、その関係の方々のお気持ちを大きく害してしまいましたことを、重ねてお詫び申し上げますと共に謝罪申し上げます」とコメントを掲載した。

 同校では生徒に毎年SNS教育を行い、何度もネットリテラシーについても指導していたという。にもかかわらず、今回の件が起きたことを受けて「まだまだ心の教育が生徒個々に行き渡っていなかったことを深く反省しますと共に、このような事態を防げなかったことに対し、大変悔しい思いをしております」と述べている。

 再発防止策として「当該生徒も含め、全校生徒に対してよりきめ細かな心の教育による道徳心の向上を図る」とし、ネット社会やSNSに対するリテラシー教育に力を入れていくとしている。

不適切動画に関する声明(全文)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.